英会話・TOEIC・TOEFLなら広島市中区のウィルイングリッシュスクール、スピ-キング録音でリスニングとスピ-キング力を

音読はなぜ必要?

「音声」で伝える、「声帯」で伝える! 

広島市中区にある英会話教室 ウィルイングリッシュスクールは「発音からはじめる英会話」。

話せない知識は、それを声に出すことでのみ「話せる知識」となります
さまざまな上達手法の中、「音読」は好な時、好きな量出来て無料です


1) 「声帯の運動」です(いわゆる勉強ではありません)
お願いするのは「黙って猛勉強」ではなく「声に出すだけ」です
声に出す英語」は日本語に比べてどうですか?理屈抜きに声に出しましょう!

2) いつ、すればいいの?             
脳の専門医は「さあ寝るか」の時 ,起きて頭がボーッの時 がベストと言います    
無理をせず、10分でも15分でも「生活の一部にする」ことを目標に

3) どこで?
大きい声」を 出せる場所なら、風呂、トイレ、食卓、ベットと どこでもOKです    

4) 一人で?
自分で創作した発音では、通じないことがありますから、Nativeの録音を
繰り返し聞き、原稿の「アクセントと子音」に気をつけて、何度でも繰り返す

5) 何を声に出せば?
「自分の興味があるもの、レベルに合っているもの」なら何でもOKです
TOEIC対策は会話と英字紙、TOEFL対策はさらにアカデミックな原稿を追加します

6) どれ位すればいいの?            
声に出した量に比例すると言えますが、発音(子音とアクセント)を正確に
「Nativeのスピードで音読しながら同時に意味も分かる」状態を目標に何度も
繰り返すこと。少しずつでも「毎日続ける」ことが、効果を出す「確実な方法」です。

 
Reference/その根拠        TOEIC対策をさらに詳しく

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional