英会話・TOEIC・TOEFLなら広島市中区のウィルイングリッシュスクール、スピーキングとライティング添削でTOEFL対策に底力

TOEFL iBT Reading対策

TOEFL iBT Reading対策  


CBTと同じく歴史、、天文学、生物、植物学、動物学など、アカデミックな内容が出題
されますが、時間も分量も長くなっていますので、いかに集中し速読するか時間
との勝負です。

CBTの時と異なり問題をスキップでき、すべてを一度読んでから、最初に戻れます。
メモがとれるので普段からメモの取り方も自分流に慣れておくと助かります。

1)問題から読む

月並みですが、普段から文章を読む前に問題を先に読み、問題で何が問われるのかを
ある程度知ったうえで、読み進めることに慣れておけば、本番で無駄な時間をかけずに
効率よく答えがだせます。

2)消去法を使う

文章の前後関係(context)から、また接頭辞(prefixes)、
接尾辞(suffixes)、語源(roots)から推しはかり、無理のあるものを
除外していく。

例えば語彙のdefinitionの問題ですが、意味が分からない場合は、語彙自体の組み立て
から、また文章全体の意味合いから、不都合なものを除外していきましょう。

Most recipients of the peace prize are given the award in person, but sometimes
the award is given posthumously.

A) when the person is out of the country
B) after the person has died
C) to political prisoners
D) by mail

文章中のin person(=personally,oneself)から、(代理人ではなく)本人に渡される
ことが分かれば文脈からA)とC)は、文章自体を変えないと無理があり、除外されます。
ここでpostにafterとかbehindの意味があることを知っていれば、humousがラテン語
humus(=ground,the earth)を語源とすることを知らなくてもB)では?と類推できます
(土に埋められたのち=死後)。D)をあらためてみると、in personに対するには
someone.......ならともかく、by mailでは意味合いが違い、やはりB)にしておこうと
なり結果として正解が得られます。

3)普段から英英辞書だけを使う

必ず「動詞」に着目、synonym(同義語)、thesaurus(類語)、
collocation(語彙の習慣的組合せ)に慣れ親しんでおく。

Reference Question(refer to ~何、誰のことを述べているのか)やFactual
Information Question(事実や理由についての設問)についての対策も基本的には
前述のくり返しとなります。

ここで一番強調したいのは、日本語で何百何千と存在するTOEFL/TOEIC対策云々の
コメントが英英を習慣的に使い続けることで、あなたにとって無意味のものとなる、
という事実です。

英語という言語を、日本語という異質のものではなく、同じ言語である英語で理解し、
使いこなす練習をすることが、コミニュケ-ション能力についてのテスト(TOEFL/
TOEIC)へのベストのアプロ-チ方法であると断言できます(このことは「目的に
適った方法を」と言う意味で、対訳能力向上を目的とした教育を冒涜するものでない
ことは、言うまでもありません)。

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional