英会話・TOEIC・TOEFLなら広島市中区のウィルイングリッシュスクール、マンツーマンか1:2中心の少人数レッスンです

在校生から一言!

在校生から一言!  

環境を整えることと毎日続けること    堀 真美  

私は2年前にTOEIC840点をクリアして以来、英会話を趣味として継続しています。
上達について大切だと思っていることは、集中して勉強する環境を整えることと、
毎日続けることです。具体的な方法については、
声に出して読んでみて分かる→聞いて分かる→会話で使ってみる
このステップを踏むことが大切だと思います。

英語は継続と目標設定が大切   小林 由幸  

 外国語をマスターするには時間がかかる。中学で 3年、高校で3年
習った者であれば、話せるはずだがなかなかそうはいかない。
 地球が狭くなってきた現在でも、日本人は別に英語を話さなくても、
日常生活上は生きていける。したがって、日頃から英語を話したり、
聞いたりする環境にない者が、外国語をものにしようとすること自体、
至難のワザだと言わざるを得ない。語学を学ぶ上で、継続は力なり
とよく言われるが、その通りだと思う。
 継続するためには、生涯目標も必要で あるが、当面の目標も大切である。
私は先般のTOEICで850点を取った。目標は900点以上としているが、
これには満点の自信がないと到達出来ないと思っている
 私はWILL に通い始めて約3年になるが、当校の特徴は、各授業の後に、
作文を英語で書かせる事であろう。私には英作文向上に大いに役だってきた。
もう一つは、英語の小話を録音し、外国人教師に発音をチェックしてもらうこと。
最初は、録音して聞いてみると、なんともきまりの悪いものだったが、そのうち
自分ながら、なかなかいけるという自信もわいてきた。英語は黙読でなく、
声にだして読むことが大いに役立つということが次第に身体で分かってきた。
こういったことは半強制的に実行させられないと、なかなかやらない。
 上記の方法を継続したおかげで、英語に対する実力が次第に向上しているのを
最近感じている。 Practice makes perfectです。皆さんもがんばって下さい。

資格試験を成長のステップとして利用してみては   上原 恵  

今回、念願の英検1級にに合格することが出来ました。点数でなく合否がある点で、
英検1級は思いのほかハードです。特に2次はオーラルなので、
帰国子女でも留学経験者でもない私にとっては、不可能にみえました。
さらに年をとって耳も悪く、あがり易い性格でもあります。そのマイナスを
カバーするためには練習しかないのですが、仕事と家事・子育てで、
その時間も充分とれない有様でした。しかし、仕事上どうしても必要だった
こともあり、またハンディが逆に長所になり得る事も知っていました。
励ましあえる友がいたことや愚痴の聞き役となって適切なレッスンをコーディネイト
して下さったWILLの担当者の存在は大きかったと思います。様々なトピックに
関するスピーチ練習をし、テープに吹き込む作業を通して、自分自身の価値観が
見えてきて、思わぬ副産物となりました。簡潔に意見を述べる力は
通訳ガイドの2次試験でも要求されます。
資格試験を成長のステップとして利用してみてはどうでしょうか。    戻る

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional