英会話・TOEIC・TOEFLなら広島市中区のウィルイングリッシュスクール、フリ-予約のオーダメイドレッスンが受けられます

よくある質問/上達法

英会話上達法について

Q/「文法を勉強しないと、会話ができません」 

A/ ’文法を勉強してから正しく話す’という意識は、間違っているかも?と
話さずに黙るという行動に繋がり、これが上達上の最大の障害となります。

笑い話ではありませんが、頭の中で考えた複雑な時制を含む「和文英訳」
を組み立てている間に、肝心の話は既に終わっていたりします。 

英語には「動詞が必ずいる」だけでもOKです、時制表現も現在形と過去形
が話せれば、サバイバルから日常の意思疎通には充分です。

コミニュケーションに於いては、「文法の勉強」は目的ではなく「手段」です。
文法問題は黙読せず「繰り返して声に出す」方法をとることで役立ちます。  

もっと間違いを話しましょう!誤りを話すから教師は「訂正」できるのです。

Q/「語彙力を付けたいのですが、すぐ忘れてしまいます」  

A/ 使わない表現は忘れます。日常から声に出す習慣をつけるには
「音読」がお勧めです。見て声に出し耳で聞く効果は絶大です。

Q/「どんな勉強をしたらリスニング力がつきますか」    

A/ 同じ内容でも、読むと意味は分かるのに聞くと分からない、ですね、
それは、目で理解する知識と耳で分かる音声の一致がないからです。

「知識と音声」を一致させるには、会話やニュースの原音を繰り返し聞き、
それを、発音、リズム、スピードに留意し、繰り返し「音読」することです。

原稿を「音読」しながら意味が分かれば、聞いても分かるようになります。

「声に出した量」だけ、Key Wordsが拾え、リスニング力がついてきます。

Q/「日本語にハッキリ訳さないと嫌です」    

A/ 英語を日本語で習い、生活で英語を使わないので、お気持ちが分かります。

しかし、頭の中で英訳和訳を繰り返す習慣は、Nativeとの対話やTOEIC/TOEFL
といった訳出問のないテストでは、残念ながら我々にプラスに働きません。

でも、ある時点から英英だけを使えば、「使える英語」に劇的な効果があります
(Non-Native用英英の定義語はHead Words2000語で高校2-3年から使えます)。
訳文推敲の時間を、Defining Vocabulary(英英辞書で定義に使われる語彙)の
理解や、Thesaurus(類語)、Synonym(同義語)の獲得に向けられるからです。

単語が思い出せず困っても、「別の表現で話せる」ので効果が実感できます。

抽象概念の訳出はその道のプロでも、言語間のギヤップは埋められません。
自然な日本語へ推敲する努力は、英語力より国語力の鍛錬というべきです。

Q/「どの辞書が一番いいですか?」  

A/ 例文が多いことです。収納語彙が多いだけでは実用的ではありません。
例えば書店で「動詞の例文」を各社比較、自分で気に入った物が一番です。

中級者からは、「Non-native用の英英」を使うことで、Nativeとの対話で効果
が実感できます(理由は、Q/A日本語にハッキリ訳さないと....を参照下さい)。

Q/「忙しくて、自分で勉強する暇はありません」  

A/ 週1-2回でもスクールに通うのは「対面での対話」が利点ですが、
「対話量」が充分とはいえないので、他の方法で補う必要があります。

「素読百遍、意自ずから通ず」(声に出し百回読めば意味が分かる)と
古人が経験から勧めるように、「音読」は手軽にできてお金不要です。

たとえ「寝る前10分」でも「声をだす癖」で、確実に結果が出て来ます。

Q/「コツさえ知れば短期に上達できるそうですね」  

A/お金さえ払えば、あたかも「自動車の生産ライン」に乗るように上手になれるという
広告が氾濫していますので、信じてしまうお気持ちは無理からぬこと、

テニスや野球のようなスポーツに上達するにはかなりの「繰り返し」が必要とのご経験
はありませんか?「知識を声帯で音に変換」して相手に伝えるのも同じです。

理論(知識)は練習(繰り返し)によってのみ、実技(会話)に結びつきます。

毎日が日本語という環境の中だけに、

Ⅰ)目と声帯と耳を使うこと(音読)を繰り返す(Routine)
Ⅱ)試す場(外国人教師との対話)を持つ
Ⅲ)直される⇒Ⅰ)に戻る

このサイクル「聞き話し使ってきた量」こそが、確実に結果を保証します。

Q/「悪い癖がつく前に早く留学すべきと言われましたが?」   

A/ 悪い癖とは日本での発音の癖ということでしょうか?仮にそうだとしても、実際の
語学留学経験者に多いのは「留学前にもっと勉強しとけば良かった」という声です。 

当地でヨーロッパ系の人々へのクラス分け(上級)だと、日本語を話す機会が限られ
上達しますが、そうでない場合は日本人どうしの日本語での会話になりがちです。

語学留学の効果はそれによってモチベーションの上がる場合があるからですが、
どこにいても「音読」「試す」「直される」を繰返せば使える英語は身につきます。

Q/日本語に訳すのはそんなに悪いことなのですか? 

A/悪いのではなく、対訳による通訳翻訳は例えば英語のみの
  意思疎通能力を診るTOEIC/TOEFLとは「目的が異なります」。

  日本語だけの国内に住みながら「英語を英語で」理解し使う
  には英英の定義(defining)を「音読」するのをお勧めします。

  英英辞書を「声に出す」ことで慣れ、それを対話に使うことで
  定義語を自在に使える、絶大な効果を実感されるでしょう。

Q/ 英会話より、TOEICの勉強がしたいのですが ?    

A/ TOEICテストが英語でのコミニュケーション能力を診断するという目的
である以上、英語で対話ができるかどうかはスコアに直接影響します。

さらにテストでのリスニング・リ-ディング及スピーキング・ライティング
は従前より、各能力間の高い相関性が認められています。

会話文と一般英字紙の「音読」が効果的です⇒詳細は「TOEIC対策

Q/ 全く経験がありません、大丈夫ですか?  

A/ 達人と呼ばれる方も、始めは初心者(ビギナー)です。 

日本語が自由に話せるのはなぜですか?幼児は普通に歩けるまで
数知れず転びますが、本人はそれを気にしている風はありません。

ことばも同じです、誤りを話し、直される回数分だけ上達します。

中学高校のテストとは逆に、ミスすることは「良い事」です。 
母国語のように「慣れる」ことで必ず話せるようになります。

         システム内容について

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional