英会話・TOEIC・TOEFLなら広島市中区のウィルイングリッシュスクール、フリ-予約のオーダメイドレッスンが受けられます

よくある質問

システム・内容について

Q/ TOEICコースでは‘コツ‘を教えてもらえますか? 

A/ご質問の`コツ‘なるものが受験上の`テクニック’に類する情報であれば、web上
に氾濫しておりますので、たやすく入手できます。少しお考え頂きたいのですが
「コツを知ったら、短期で大幅スコアUP」なんてテスト、信用されるでしょうか?

結論から申しあげますと、「実力」とコツなるものは次元の異なる話、とご理解
頂くのが良いでしょう。良く見ませんか、好きなだけ食べる、運動なんて不要
ドンドンやせる’驚異のやせ薬’なんて。

各スクールの”TOEIC何点コ-ス”もETSがそのスコアを保証する内容として認可
するものでないように,TOEICがコミニュケーション能力テストとして信頼されるのは、

①範囲が限定されず、教本問題集等でその点数が保証される組立てではない。
②’得点のコツ’といったテクニックで、短期間に大幅なスコアUPは図れない。

つまり、「実力」を計る効果が評価されています。

明確に言えることは、一般人が 普通に接する情報「日常会話と一般英字紙」から
いかに「スピーディかつ正確」に情報がとれるか、が試されるテストということです。
「要求されている能力」に合わせた努力が、確実に成果を挙げています
(目的の異なる、TOEFLテストのようにアカデミックな語彙は必要とされません)。
⇒詳細は「TOEIC対策

Q/ 予約制は席がなく、予約が取れないそうですね?    

A/ 予約が取れないとスクールは確実に信用を失います。予約の必要 
がない、日時を固定しての受講も選べます、ぜひ直接ご確認下さい。

Q/ 発音矯正をしてもらえますか?   

A/「発音矯正」はそれ自体が目的ではなく、「手段」として行っています。 
  勝手に創作した発音やアクセントだと、伝わらないことがあるからです。

外国人教師に「子音」と「アクセント」のチェックを受けることで、繰り返し
声帯を使うことはリスニングとスピーキング力の向上に最も効果的です。

Q/ ニュースじゃなく会話が習いたいんです!  

A/ 「口語」は意思疎通の根幹を成すものですが、日常会話だけでなく、 
現実の社会についても気楽に話すことができれば大変役立ちます。

国内外の政治に我々は影響されますが、これらを話題にできるのは
限られた国です。興味を持ったNewsから少しずつ話してみませんか。 

 

Q/ 海外旅行で使う言い方だけ習えますか?   

A/旅行中の場面を想定した会話教材を教室で習うだけではなく、とっさの
状況で、言いたいことが口から出るよう、繰り返し声に出しておきましょう。

Q/皆についていけるか心配です    

A/みんな一緒のクラス制ではなく、同レベル1~2名中心(最大3名)の
「個別制」ですから、内容も進度も自分の希望で決めることができます。 

Q/40分レッスンはすぐ終わり上達しないそうですね?    

A/人間の集中限度は40-50分で、これを過ぎると自動的に集中力は
下がります。10分休憩を入れ何レッスンも受講するのが理想的です。

Q/ 多人数の方が人の話が聞けリスニング力がつくそうですね?  

A/リスニングが目的であれば自宅でCD等を聞けばお金は掛かりません。
また先生の話を一方的に聞くだけのレクチャーでは会話力はつきません。

対話機会が多い分、話し方を直される場面も多く、その誤りに関連した
項目にも助言を受けやすいので少人数レッスンは理想的と言われます。

Q/国により発音が違うのに添削の意味ってあります?    

A/辞書(received pronunciation)では代表例が示してありますが、
母音(舌をどこにもつけず出す音)は国、地域、社会的階級により
極端に異なり、「これが正解」という絶対的なものはありません。

しかし、子音(摩擦音、破裂音など)とアクセント(stress)は
地域個人による差異は無視できますので、この間違いを中心に、
外国人教師が専用シートを使いface to faceで指導します。

訂正された子音とアクセントにリズム、スピードが加わると
Nativeの発音らしくなるのが、自分でも実感できるはずです。

Q/ ライティングって文法チエックの為でしょ?  

A/会話には、話題の語彙、最低限の文法、collocation(単語の組合せ)、
聞きとれる「発音」が必要ですが、外国人教師による添削はこれらの
表現技術だけが目的ではありません。

トピックの内容に踏み込み、Nativeの文化、経験に基づいた心を通した
コメントは、correcting machineでない生身の人間だからこそ。

日本語でも難しい話題」のエッセイライティングは、単に書いて伝える
技術の為だけではなく、より深い意思疎通レベルを目指したものです

勿論、添削された内容、教師のコメントを「繰り返し音読」することで
深いレベルでの対話にそのまま役立つことは言うまでもありません。

Q/小学生と中学生の子供がいますが、習えますか?  

A/小学生はマンツーマンでのレッスン、中学生からはアルファベットを知らない方
 でも入門レベルから習える、1-2名中心(最大3名)のレッスンが受けられます。

 小学生マンツーマンはお母さんと二人で受けても料金は一人分、また全ての
 受講券が家族全員で使え、各自ご都合の良い日時にレッスンが受けられます。

                             上達法について

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional