英会話なら広島市中区のウィルイングリッシュスクール紙屋町教室、録音によるスピーキング発音Checkとライティング添削が受けられます

よくある質問

レッスンのシステム・内容について  

Q/「会話より、TOEICの勉強がしたいのですが?」  

A/ TOEICは実生活での英語を使ったコミニュケーション能力をスコア表示で診断する 
信頼度の高いテストですが、アカデミックな知識の有無を調べる目的で作られて 
いません。会話が聞ける/話せる、かどうかはTOEIC のリスニングスコアに直結  
します。企業等の現場で、そのスコアが評価されているのは「実用能力」の尺度として 
信頼できるからです(コースについて、の詳細「TOEICテスト」参照ください)。

Q/「予約制は実際には生徒の席がないので、  

予約が取れないと聞きましたが?」  

A/ 予約が取れないと、生徒が困ると同時にスクールは確実に信用を失います。  
WILLはどちらでも選べますから、心配な方はクラス制と同じように
毎週日時を固定されることをお勧めします。          
一方的な情報は、本当かどうか「必ず自分で確認」することが大切です。

Q/「発音の矯正をしてもらいたいのですが」  

A/「発音矯正」はそれ自体を目的として行っている訳ではありません。  
我々が勝手に創作した発音やアクセントだと、聞けなかったり/伝わらなかったり  
するからです。  
具体的な矯正は「子音」とアクセント(stress) を中心に行います。   
発音の練習による最大の収穫は、繰り返し「声に出す」ので、
結果としてリスニング/スピーキングの練習になることです。

Q/「ニュースじゃなく会話が習いたいんです!」  

A/ 「口語」は意思疎通の根幹を成すものですが、日常会話だけで終わらせず  
ニュースも聞けて話せればどれだけ便利か、日本語に置き換えてみて下さい。 
専門的である必要はありません、国内外で起こっていることを見たり聞いたり  
話題にすることは「自由な国」であればこそ、許されている権利です。  
特に現代では、外国で起こっている出来事でも、すぐに我々の生活に影響します。  
おもしろそうな国内外のニュースから、聞いて話題にしてみませんか。

Q/「英会話は全く経験がありません、大丈夫でしょうか?」  

A/ 「達人」と呼ばれる方でも、始めは誰でも初心者(ビギナー)です。 
「わたしが日本語を話せるのはなぜ?」と考えてみてください。 
ヨチヨチ歩きの赤ちゃんは普通に歩けるまでに、数しれず転びますが、 
本人はそれを気にしている風はありません。 
ことばも同じです。デタラメを話し、それを直される回数を増やす分だけ 
上達していきます。中学高校のテストとは逆に、ミスすることは「良い事」なのです。 
日本語のように慣れることで、誰でも話せるようになれます。

Q/「学生の時から英語が嫌いだったのですが.....」  

A/ 中学高校では、高校や大学受験を目的とした授業だったと思います。 
「目的」が違えば「方法」も変わります。英会話スクールは塾とは違います。 
先入観を捨てることから始めましょう。

Q/「海外旅行で使う言い方だけを習えますか?」  

A/旅行日程中に遭遇すると思われる場面だけに絞った、オリジナルシート教材 
を使い、想定されるロールプレイを繰り返せば、実際に話せる状態まで習えます 
(PRVCレッスンを効率的に組み合わすため、事前の打合わせが必要です)。

Q/「皆についていけるか心配です」  

A/中学高校の様に全てが固定された「クラス制」であれば、ご不安はもっともです。  
WILLは、同レベル1〜2名中心(最大3名)の「個別制」ですから、  
心配されているようなことは起こり得ません。自分のスタイルで習えます。  

Q/40分レッスンはすぐ終わるので上達しないと聞きましたが?  

A/人間の集中の限度は40-50分で、これを過ぎると自動的に
集中力は下がると言われます。10分の休憩を入れながら
何レッスンも受講するのが理想的なパターンといえます。

Q/多人数の方が人の話が聞けてリスニングが上達するそうですね?  

A/リスニングが目的であれば自宅でCD等を聞けばお金も  
掛かりません。また先生の話を一方的に聞くレクチャー  
では会話力はつきません。レッスンの主目的は
受け身にならず、間違いを恐れず自分のスピーキングを 
外国人教師に訂正アドバイスしてもらうことにあります。

Q/アジアやアフリカの人々のように、発音など気にせず  

どんどん話すべきと聞きましたが?  

A/その通りですが、日本人の場合は発音より表現上の間違いを恐れ、
声に出すことをためらう方が多いと思われます。
間違いでも声に出すことは上達していく上で一番大切なことです。
WILLで発音の大切さを強調するのは、自分が勝手に創作した
発音/アクセントでは通じず、聞けないことがあるからです。
(聞き話す媒介は「音声」です)。
アジア、アフリカはほとんどが西欧の植民地だった歴史背景から、
そこで生きて行く人々は声に出さざるを得ない状況がありましたが、
我国では、声に出すことは知的作業(勉強)とは受け取られず、
目読の方が速いこともあり、ひたすら黙って訳読する能力
のみが尊重されてきたと言えるでしょう。
発音練習はそれ自体が目的ではなく、目的達成の手段なのです。
子音とアクセントに注意を払い、会話スクリプト、NEWS原稿などの
反復スピ−キングから得られる「確実な効果」は疑う余地がありません。

Q/国により発音が違うのに添削の意味ってあるのですか?  

A/辞書(received pronunciation)では代表例が示してありますが、
母音(舌をどこにもつけず出す音)は国、地域、社会的階級により
極端に異なり、「これが正解」といったものはありません。
しかし、子音(摩擦音、破裂音など)とアクセント(ストレス)
地域個人による差異は無視できますので、この間違いを中心に、
外国人教師が専用シートを使いface to faceで指導します。
この子音とアクセント(ストレス)にリズム、スピードが加わると
グッ!とnativeの発音らしくなるのが、自分でも実感できるはずです。
殆んどの方が、頭では分っていても声に出さないだけに、
『録音提出』はボーカライズ(音読)の大きなきっかけになります。
「知ってるヨ」だけで終わらせず、ぜひ声に出しましょう!

Q/会話の練習だから、「論文」など書いても役立たないそうですね?  

A/エッセイはアカデミックな学術論文とは目的も異なります。  
聞き話すのに「語彙」自体の知識が必要ですが、この単語力を  
定着させるのに「書いて声に出す」方法は大変効果があります。
                          
                            上達法について

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional